土木防水防食事業Water Supply

水道施設や下水道処理施設の改修や長寿命化に貢献しています

安全で安心な水の提供は水事業に関連する企業の使命です。
その役割の一部を担い水道施設等の水質の維持とコンクリート保護を目的として、樹脂塗膜防水・防食工事を施工します。
また下水処理施設に於いては、下水処理施設内で生成される硫化水素によるコンクリート構造物の劣化は快適で清潔な暮らしを守る上で放置することができない課題となっています。その対策としてコンクリート防食被覆を樹脂系塗膜により施工します。

水道施設等の防水工事

水性ポリエチレン樹脂やエポキシ樹脂等を主材料に、塩素で劣化した水道施設(配水池・沈でん池・ろ過池・着水井等)内面のコンクリートを防水被覆します。

水道施設の耐震化等に伴う改修工事

施工手順例

  1. 脆弱部除去(ウォータージェット)
  2. 断面修復(ポリマーセメントモルタル)
  3. 防水塗装(JWWA K143 及び K160 適合材料)
配水池防水塗装工事
  1. 施工前
    施工前
  2. 施工後
    施工後

下水処理施設等の防食工事

水系樹脂やエポキシ樹脂等を主材料に、硫化水素で劣化した下水処理施設(最初沈でん池・分配槽・反応タンク・汚泥貯留槽等)内面のコンクリートを防食被覆します。

下水処理場の長寿命化等に伴う改修工事

施工手順例

  1. 劣化部除去(ウォータージェット)
  2. 断面修復(耐硫酸性モルタル)
  3. 防食塗装(日本下水道事業団
    マニュアル適合材料)
終末処理場貯留槽防食塗装工事
  1. 施工前
    施工前
  2. 施工後
    施工後